個展「記憶の断片を地図へと置き換えて」最終日を迎えて


"地域の文化と本のあるお店 museum shop T"にて開催しておりました原田郁個展『記憶の断片を地図へと置き換えて』は 無事最終日を迎えることが出来ました。足をお運び下さいました皆さま、気にかけて下さっていた皆さま本当にありがとうございます。芳名帳でお名前をひとつひとつ確かめながら、嬉しさを噛み締めております。

このコンセプトのもと制作活動を開始した際、自分の伝えたいことを相手が納得するよう伝えるにはある程度の時間の厚みが必要だと考えました。そこから「まずは10年続ける」を目標に活動してきましたが、その過程で今回のアーティストトークのタイトルにも含まれる「記憶装置としての作品」というキーワードが生まれてきたりなどしています。その他にも様々な発見をしながら地道に歩んでまいりました。

来年秋で10年目となりますが、それまで何ができるだろう?とあれこれ考えを巡らす毎日です。

素晴らしい出会いと皆さまにお寄せいただいく声を励みに、これからも制作していきたいと思っておりますので見守ってくださると幸いです。 この度は心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

Featured Posts

Recent Posts

copyright © iku harada all rights reserved.

  • Twitter
  • Facebook