養老天命反転地AR化計画

2018/09/26

 

 

 

 

 

昨日、岐阜県は養老の「養老天命反転地」を訪れました。ここは荒川修作とパートナーのマドリン•ギンズの設計による死へ向かう人間の宿命、天より授かった命を覆そうという2人の思想を具現化した世界です。
この度 情報科学芸術大学院大学IAMASの赤松正行先生、松井茂先生、伊村靖子先生にお声掛け頂き、養老天命反転地の構想を再考察する為のAR化プロジェクトに参加させて頂く事になりました。
さらにはプログラマーの和田順平さんもご参加、私は3Dソフトを使って もうひとつの天命反転地をモデリングしてゆきます。

この構想研究は長期に渡り行われていくそうですが、第1弾は今年11月3日・4日に行われる「養老アート・ピクニック」のイベント内にてお披露目されることになります! 
開催日が近づきましたら、またこちらで詳細をご案内させて頂きます。

Please reload

Featured Posts

朝日新聞掲載 山形)仮想空間を「風景画」原田さん故郷村山市で個展

2019/10/29

1/5
Please reload

Recent Posts

Please reload