個展『 IKU HARADA SOLO EXHIBITION 2017 − circle − 』

2017/05/10

 

明日11日木曜日より、東浦和の”Gallery Pepin”にて個展を開催致します。

https://www.facebook.com/gallerypepin/?pnref=story

 

昨年秋、在籍中のアプリュス芝園スタジオ open studioの際にオーナーの小林優佳さんと知り合い、個展をさせていただく運びとなりました。

タイトルに”circle ”と配したのは、ギャラリーには大きな正円の窓があることと小林さんとのご縁と、「円・縁(えん)= circle」と勝手に頭で変換して...でのことだったりします。
私自身、初の埼玉県内での個展です。そして初めての円形作品を展示いたします。

オープンは木曜日のみとなりますので、ご注意下さい。
(5/12(金) と6/21(水)は会期追加、作家在廊予定です。) 

どうぞ よろしくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 IKU HARADA SOLO EXHIBITION 2017 − circle − 』

【会場】Gallery Pepin
【会期】2017/5/11(木)~6/29(木) :木曜日のみ
【追加会期】+5/12(金) +6/21(水) 

【時間】12:00 〜 18:00
【アクセス】〒336-0922 埼玉県さいたま市緑区 大牧1470-10
【HP】http://gallerypepin.wixsite.com/gallerypepin/current

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5月11日(木)よりGallery Pepinでは現代美術家・原田郁による「IKU HARADA Solo Exhibition 2017 -circle-」を開催致します。 

原田は2005年に東京造形大学絵画専攻領域卒業後、同大学院美術専攻領域絵画科を2007年に修了し、現在に至ります。
制作は続けていたものの、本格的に発表をはじめたのは2010年から。それまで原田は「オリジナルの作品」とは何かを模索しつつ制作していました。
制作とは離れて扱い始めていた、コンピューターの中で創る “3Dの仮想世界”。そこは限りなく自由で広大でアップデートを続けられる、 原田だけの静かな場所「Inner space」です。それは原田の原風景=心象風景とも言えます。
そこに立った時に見える風景を写真を撮るようにトリミングし、2Dで現実世界に描き起こしてみました。 つまり風景画の風景から自ら創り描く、そこから現在の原田郁の “オリジナル” が確立されてきたのでした。
時には、仮想世界の一部を現実世界で描き、現実世界で描いた絵を、仮想世界に飾ります(描きます)。
あくまでも絵画表現にこだわり、絵具の筆致や色彩のトーンにより、コンピューターの中とは異なる、肌で感じるリアルを追及しています。
人や情報で膨れ上がる社会で生きる鑑賞者にとって、緑溢れるカラリと晴れた世界はユートピアさえ想起させるでしょう。
丸窓のあるGalleryPepinの空間に並ぶ円形のInner space。 出品点数は直径90㎝の円形作品5点、その他小品数点を展示予定としております。(会期中、展示替えあり。)

この機会に、埼玉での個展は初となる原田郁の空間をお楽しみ下さい。

 

 

Please reload

Featured Posts

朝日新聞掲載 山形)仮想空間を「風景画」原田さん故郷村山市で個展

2019/10/29

1/5
Please reload

Recent Posts

Please reload